CentOSをカスタマイズしたかった

CentOSをカスタマイズしたかった

2020/06/27

この前UbuntuカスタマイズしたのでついでだからCentOS版でも作るかと思ってしくじりました。

簡単なカスタマイズ

CentOSをカスタマイズしようと思ったときに、Ubuntuではまずxfceの設定から入りました。
なので、まずはxfceをインストールしましょう。さきにEPELをインストールしておくと後が楽です。

$ sudo dnf --enablerepo=epel group -y install "Xfce" "base-x"

入れたら他のデスクトップ環境は削除してもらって構いません。
次に、lightdmを入れていきますが、これはまだCentOS8用のパッケージがないので、7用を入れます。

$ wget https://download-ib01.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/l/lightdm-gtk-1.8.5-19.el7.x86_64.rpm
$ sudo dnf install lightdm-gtk-1.8.5-19.el7.x86_64.rpm

とりあえずこれで入るはずです。
そうしたら、いつもどおりlightdmのセッションをxfceに向けておきましょう。
xfce4のプラグインを入れたり不要なGnome系パッケージを捨てたりパネルや壁紙の設定をして、/etc/skelにコンフィグをコピーしておきましょう。

ここからが難関

CentOSにPlymouthを入れることはおそらくできますが、検証してみても動作している様子がないのでわかりません。
インストーラはCalameresについては、FedoraとOpenSUSEのパッケージはありますが動作は未保証です。
Ubiquityに関しては、NetworkManagerの方しか出てこないため、おそらくないです。
残念ながら筆者のCentOSの仮想マシンでlightdmが起動しなくなったのでここで終了です。